ライトパネルという選択肢

デジタルサイネージの設備までは手を出せない!
動画コンテンツは今ひとつ乗り気ではない!という方には、薄型ライトパネルをご検討されてみてはいかがでしょうか?
このサイトはデジタルサイネージコンテンツに関してのサイトではありますが、同じサインという分野と言う事で、LEDライトパネルをご紹介。
LED内蔵の薄型ライトパネルに、フイルムベースのポスターを挟み込むだけで、発光効果があるポスターを掲示できます。
紙のポスターを貼るよりも効果的です。
壁面に吊るすか設置するだけですので、デジタルサイネージのように、場所も取りません。
さらに、モニターより軽量ですので、設置条件が緩和されます。
下の写真は、当社が展示会で実際に展示した模様です。
LED発光のパネルですので、明るい場所ではあまり目立ちませんが、薄暗い店内などでは、ポスターのみが発光し、目につきやすくなります。
フイルムベースのポスターを取り替えるだけなので、ランニングコストも抑えられます。
※LEDのパネルですので、データなどのコンテンツを再生することはできません。

 

広告

展示会場の案内などに

展示会など入り口や順路にサイネージを設置することで、会場全体の案内はもちろんセミナーやイベント開始時刻の告知などがモニター上で行えます。
同じコンテンツを会場外に設置することで、内外で告知できるメリットも出てきます。

event_photo06.jpg

展示会場のサイネージコンテンツ(YouTube)

※このコンテンツは、過去に行われた展示会の内容です。

ブライダルフェアなどのイベント告知

ホテルやホール、最近ではお店ごと貸し切りといった感じで、ブライダル関係のパーティーなどが行われます。
そういった施設の入り口やロビーなどにサイネージを設置して告知するだけで、華やかな映像(画像)にふと目が止まります。

ブライダル関係のサイネージコンテンツ(YouTube)

※このコンテンツは架空のサンプルです。
※映像は、コンテンツ上横になっていますが、サイネージ出力時には縦になります。