サイネージで解説すれば、手間が省けます

当社でAR機能付き名刺を製作した時、まだARが世間にあまり認知されておらず、アプリのインストールから説明しなければいけませんでした。
そんな時、一人一人に説明するよりも、サイネージコンテンツに手順を落としこむことで、一度に大勢の人に説明できるというメリットが生まれ、同時にループ再生することで手が離せないシーンでも、自動的に説明ができました。
この動画では、アプリの説明でしたが、飲食店などの食券システムやルールなどのコンテンツに置き換えれば、初めてのお客様への丁寧なアナウンスになります。
さらに、多言語対応することで、昨今のインバウンド効果を狙ったコンテンツにも対応可能です。

AR機能付き名刺のサイネージコンテンツ(YouTube)

※このコンテンツは、過去に作成された内容です。
※現在この機能・アプリはありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中